牛丼チェーンの価格戦略は会社によって違う?

牛丼チェーンといっても、米国産バラ肉にこだわり、味を重視するY社、牛丼(牛めし)だけでなく、定食等も重視するM社、変わり種牛丼を重視するS社等があります。

S社が2009年12月に牛丼の並を380円から280円に値下げして、牛丼の価格競争が始まりました。

S社はその後も期間限定でさらに値下げをする等、価格の引き下げによる集客に積極的でしたが、Y社は期間限定で値下げを実施したものの、味を重視した結果、現在も牛丼は並盛380円のままです。

M社は牛丼(牛めし)の並の価格280円に引き下げましたが、来店した顧客を定食等に誘導し、客単価の維持を図っています。

このように牛丼チェーンでも価格戦略は異なるのです。