現在位置
  1. 日本大学商学部ホーム
  2. 商学部の紹介
  3. 学部・学科紹介

学部・学科紹介

商学部の教育研究上の目的

 激しく変動する市場経済の下でビジネスを行うには商品,人的資源,資金,情報にかかわる知識と実践的技能の習得が必要である。そのため,実学としてビジネスの理論を学修するとともに,幅広い教養に裏打ちされた職に就く力(就職力)を身に付け,国内だけでなく広い世界を視野に入れて,営利企業,非営利組織,行政で活躍できる専門能力,人間力をもった人材を養成する。

日本大学商学部教育方針
 日本大学商学部では、日本大学教育憲章に基づき、教育目標を達成するため、その教育方針を下記のとおり定める。


 

1 ディプロマ・ポリシー
 日本大学商学部は、以下に掲げるディプロマ・ポリシーに基づき設定された卒業要件を満たした者に、学士(商学)の学位を授与します。  日本大学商学部は、日本大学学則第1条に掲げた「自主創造」を教育の基本理念とします。その教育理念を達成するために学士課程を通して、自立した個性・豊かな人間性・専門的創造性・世界的視野を持つ人材として成長することを目指します。そして、グローバルビジネス社会に対応できる実学を修得し、日本だけでなく、世界で新しく生まれるビジネスシーンを創造し、現代社会が直面する諸問題の解決を通じて、人々の幸福の増進に寄与できる人材を育成します。
① 日本を含む世界中の多様で複雑な商取引世界を理解する力
 商取引の本質的な要素を抽出し、国内及び国際間での歴史的背景並びに価値観を理解する力や、判断基準の異なる考えを理解するための柔軟な姿勢を身に付けます。
② 問題や課題について論理的に理解し、その原因を導き伝える力
 感情に流されず、修得した学問により、ビジネスの背後にある問題の原因を突き止める冷静な思考力やその原因を相手に理解できるよう伝える能力を身に付けます。
③ 様々な環境で繰り広げられるビジネスシーンの本質を理解する力
 商取引において、その本質を知ろうとする知的好奇心により、身近な環境やグローバルな場面で問題を解決する力を身に付けます。
④ 相手の話を聞き、自らの考えを表現し伝える力
 様々なコミュニケーション能力により、相手の考え、異なる価値観や文 化的背景を理解した上で、自分の考えを正しく伝える力を身に付けます。
⑤ 能動的な行動により、他者と協働し問題を解決する力
 他者と問題を解決する際に自分がどのように取り組めばよいのか判断し、実行する力を身に付けます。

 

2 カリキュラム・ポリシー
 ビジネス社会で活躍できる実践的な人材、企業経営からNPOまで産業構造の変化に対応して経営する力を発揮できる人材、経営活動の動きを計数的側面から捉える高い能力を持つ人材の養成を目指します。
 初年次教育の中で「専門基礎研究」は、自ら考え、自ら学び、自ら道を開く自主創造力の養成を目的に設置し、日本大学学生としての基礎を学びます。
 商業学科では、グローバル社会に対応できる戦略的で多様なマーケティング、長期的かつ史的観点に基づく貿易、金融、ファイナンス及び保険などの専門科目を学修します。
 経営学科では、企業組織に代表される様々な組織の形態・行動を踏まえつつ、それらの創設、運営、評価及び歴史に関する専門科目を学修します。
 会計学科では、社会における会計学の意義と役割を認識し、国際的な視野で会計学の理論と実践に関する専門科目を学修します。また、公認会計士や税理士等の職業会計人を目指すための専門科目も開講しています。
 学生は、「マーケティング」「トレード&エコノミー」「ファイナンス」「マネジメント」「ベンチャー&経営情報」「アカウンティング」「職業会計人」の7つのコースからなる科目群を選び、各年次に配当された科目を段階的に学び、専門性を高めて学修できます。
 英語教育については、外部の評価試験を利用し、習熟度に応じて受講できるシステムになっているため、無理のない学修が可能です。ネイティブスピーカーによるインタラクティブな授業もあり、英語能力を向上させることができます。
 多岐に渡るテーマを研究するゼミナールや総合研究等、アクティブラーニングを用いた少人数で実施される科目があり、それらは問題提起や対応・解決について学修し、自らの考えを伝え、対話によって、より良い解決策を見出す能力を育みます。
 成績評価は、テストによるもののほか、レポート、プレゼンテーション及び授業参画度等によるものや、それらを組み合わせた方法により多面的に行います。これらは、シラバスに記載されており、どのように学修計画を立てるべきか自分で判断することができます。十分な予習・復習時間の確保と、授業内容の確実な理解が可能となるよう、履修単位数のキャップ制を設けています。授業時間以外でも、自らが学びたいことを、学友と共にアクティブラーニングスペースやPCを自由に使用して学ぶことが可能です。
 また、学生と教員の授業外コミュニケーションとして、「オフィスアワー」の時間帯を設けています。

 

3 アドミッション・ポリシー
 日本大学商学部は、日本大学の教育理念である「自主創造」の精神に基づき、商学・経営学・会計学の修得を通じて、実学としてのビジネスに関する幅広い知識と教養を身に付け、社会環境の変化に対応できる人材の育成を目指しています。
 商学部の教育方針を理解し、日本のみならず世界のビジネス環境が直面する諸問題の解決に向け、誰とでも協働しながら、学修を自主的に継続できる生徒を求めています。
 そのために、多様な選抜方法によって、次のような知識、能力、意欲及び態度を有する者を受け入れます。
① 日本を含む世界中の多様で複雑な商取引に関するルールやその背景を理解するために必要となる基礎知識を身に付けている者
② 科学的及び論理的な思考と、客観的な根拠及び事象に基づいて導き出した結論を表現する力を身に付けている者
③ あらゆるビジネスの諸問題に対して、旺盛な知的好奇心を持ち、その解決を目指す強い意欲を身に付けている者
④ 様々なコミュニケーションにより、相手の考えを理解した上で、自らの考えを文章や言葉で表現し、伝えるための基礎的な能力を身に付けている者
⑤ 誰とでも協働して取り組むことができる協調性及び自主性を身に付けている者

  • 商業学科
    商学・経済学を基礎として、流通・サービスや貿易・交通、金融、保険などに関する理論と実勢について学びます。
  • 経営学科
    経営学・経済学を中心に、企業経営に関する基礎知識から実践的な応用力まで、多岐にわたって学びます。
  • 会計学科
    公認会計士や税理士を目指す人を対象に、会計学に関する高度な専門知識を持った人材を育成します。

このページのトップへ