現在位置
  1. 日本大学商学部ホーム
  2. 国際交流
  3. 長期留学プログラム

長期留学プログラム

 商学部には、1年間や半年間にわたる長期の交換留学制度があります。学部で実施する交換留学選考試験に合格し、交換留学生として留学する場合には、留学先の授業料免除等の特典が受けられます。商学部生は以下の商学部独自の交換留学提携校のほか、日本大学本部が実施している交換留学制度も応募できます。本部主催の留学プログラムについては、本部国際交流課ホームページ【http://www.nihon-u.ac.jp/international/study_abroad/exchange/】を参照してください。

オデンシアグループ
(Audencia Nantes Ecole de Management)交換留学生
学部生
 2003年3月31日に日本大学商学部とオデンシア・ナント・マネジメントスクール(以下オデンシア)は学術交流に関する覚書を締結し、2013年にはオデンシアグループと覚書を更新しました。オデンシアはフランスのナントにあるグランゼコル(grandes ecoles 日本の大学の3年生以上から修士課程に相当)で100年以上の歴史を持つフランスでも有数の高等教育機関です。学生数は約1300名、教員数約300名を 有しています。オデンシアは特に国際交流に力を入れており、世界各国から多くの留学生が同校で学んでいます。
留学期間 9月~1月 または 9月~6月
留学概要  オデンシアの通常科目を正規の学生とともに受講できます。但し、通常科目を学ぶだけの語学力と専門知識が必要です。通常科目はフランス語で行われますが、英語で行われる科目も十数科目あります。その他、外国人向けのフランス語会話・文法科目も受講可能です。
単位互換  留学期間中に習得した単位については、修得科目が商学部の受講科目に対応すると判断された場合には、学則に従って単位が認定されます。
募集概要 募集定員は年間3名までです。学部で選考試験と面接を行います。
ウェスタンミシガン大学
(Western Michigan University)年間留学プログラム
学部生
 商学部では、日本大学本部国際交流課の全面的バックアップのもと、平成28年度から学部主催の長期留学として、日本大学の海外学術提携校であるウェスタンミシガン大学(米国・ミシガン州カラマズー)への留学プログラムを開始します。 ウェスタンミシガン大学は1903年創立の総合大学で、ミシガン湖から45分、デトロイトやシカゴへは2時間程度の位置にあり、大学は1,200エーカー(東京ドーム104個分)の広大なキャンパスに24,000名の学生が在学しています。
留学期間 8月~5月
留学概要  ① 留学期間前半(8月から12月まで) 大学付属英語学校(CELCIS)において語学研修 (TOEFL-ITP500点以上又はTOEFL-iBT61点以上のスコアを取得している場合、本来はCELCISでの語学研修は必要ありませんが、本プログラムにより派遣される者は語学研修を必須とします。)
② 留学期間後半(翌年1月から5月まで) 大学正規課程の履修 (CELCISで所定の成績を修め、ウェスタンミシガン大学が認めた場合に限ります。認められない場合は引き続きCELCISでの語学研修となります。)
単位互換  留学期間中に習得した単位については、修得科目が商学部の受講科目に対応すると判断された場合には、学則に従って単位が認定され ます。
募集概要  募集定員は年間18名までです。学部で選考試験と面接を行います。

このページのトップへ