現在位置
  1. 日本大学商学部ホーム
  2. 国際交流
  3. 海外研修プログラム

海外研修プログラム

ヨーロッパ研修旅行

   学生の皆さんにアンケートをとったところ,海外へ行きたいと答えた人は,94.8%でした。そのうち,海外に旅行で行きたい学生は74%,留学48%。そのほかにも,ワーキングホリデーやボランティアで行きたいという学生もいます。
   日本大学商学部では,夏期休暇期間中に,学生の皆さんがヨーロッパの文化を学べるよう,ヨーロッパ研修旅行を実施しています。
   この企画は,学生の皆さんがマスメディアで知った知識や情報,大学等で学んだ学問の世界の一端を,直接自分の目で見て,肌で感じることにより一層の理解を求めることを目的としています。
   以下の写真・募集要項等は,第32回ヨーロッパ研修旅行のものです。
   説明会に参加して,海外に飛び出すきっかけにしませんか? europe2016.JPG

期間: 平成28年8月28日(日)~9月10日(土)14日間
場所: イタリア・スイス・ドイツ・オーストリアの4か国
引率者: 商学部教職員
定員: 40名
代金: 388,000円
募集期間: 5月
説明会: 申込み締切後,旅行内容の詳細,渡航手続き,旅行準備,現地事情などについての説明会を実施します。

このページのトップへ

オデンシアグループ春季研修 学部生
   2003年3月31日に日本大学商学部とオデンシア・ナント・マネジメントスクール(以下オデンシア) は学術交流に関する覚書を締結しました。オデンシアはフランスのナントにあるグランゼコル(grandes écoles 日本の大学の3年生以上から大学院の修士課程に相当)で100年以上の歴史を持つフランスでも有数の高等教育機関です。学生数は約1300名、教員数約 300名を有しています。オデンシアは特に国際交流に力を入れており、世界各国から多くの留学生が同校で学んでいます。
留学期間 3月上旬~3月中旬の約14日間 (時期を変更する場合があります)
留学概要    オデンシアでの英語による講義(EUビジネス)、初級フランス語会話、企業訪問(リキュール業等)、モンサンミッシェル訪問等を予定しています。
単位互換    研修を修了し、提出されたレポートの評価により、商学部の正規科目「プロジェクト研究」(2単位)が認定されます。(4年生を除く)
募集概要 募集定員は20名程度。面接試験(英語)を行います。

このページのトップへ

モナシュ大学英語センター短期海外語学研修 学部生
   この研修は,平成26年度から始まった語学研修で,オーストラリアのメルボルン市に所在するモナシュ大学の英語センターで行います。 春休み期間中(2月~3月)の5週間で実施し,参加学生が実用的な英語能力を段階的に向上させることを目標としています。 また,滞在先は,モナシュ大学が提供するホームステイ先であり,現地の家庭でのホームステイを通して実践的な日常会話を習得し,オーストラリアの文化を多面的に吸収します。
留学期間 2月上旬~3月中旬の5週間 (時期を変更する場合があります)。なお,オーストラリアはこの時期,真夏に当たります。
留学概要     研修プログラムは100時間程度。現地で留学生向けに開講されている英語クラスに参加し,能力別クラスで英語の4技能(Speaking,Listening,Writing,Reading)を学びます。
単位認定    一定の基準を満たした研修修了者に所定の単位を認定します。
募集概要 募集定員は25名程度。商学部に在籍する1年次生から3年次生が対象。研修に対する意欲を見るための面接試験を行います。

このページのトップへ