現在位置
  1. 日本大学商学部ホーム
  2. 研究情報
  3. 商学研究所

商学研究所

 商学研究所は,昭和52年3月11日に商学部付属研究所として設置されました。
 当研究所の目的は,商学・経営学に関する学理の研究,調査,普及を行い,学術の内外交流および発展に寄与することにありました。また,国内外の研究者や研究機関と密接な学術交流を行い,広く国際社会の発展に貢献します。

所長
教授 岩田 貴子
次長
教授 長谷川 勉

実施/継続中のプロジェクトの主な研究テーマ

 当初から研究所は,共同研究プロジェクトを中心とした研究活動を実施し,現代社会のニーズにあった課題を積極的に取り上げてきました。また,平成16年度より,会計学研究所及び情報科学研究所と合同で,以下の特定プロジェクト共同研究を実施しています。これらは,三研究所の協力のもとに本学部スタッフの総力を結集したプロジェクトであり,その成果をより広く社会に還元できるよう努めていきます。

平成28年4月-平成30年3月 <特定プロジェクト共同研究>
『保健科学分野のビジネスモデルに関する学際的研究』
代表:児玉 充 教授
平成27年4月-平成29年3月 『現代社会における消費生活の課題と展望』
代表:安田武彦 教授
平成26年4月-平成28年3月 <特定プロジェクト共同研究>
『IEO 市場の変貌とグローバル展開』
代表:相原 修 教授
平成26年4月-平成27年3月 『小売企業の知識共有能力向上に関する研究』
代表:金 雲鎬 准教授
平成25年4月-平成26年3月 『経済格差と消費経済の動向に関する研究』
代表:岩田貴子 教授
平成24年4月-平成26年3月 <横断的プロジェクト共同研究>
『持続可能な経済・社会の構築とエネルギー政策の統合的研究』
代表:村井秀樹 教授
平成24年4月-平成25年3月 『19世紀から20世紀初頭にかけての経済グローバル化と明治日本に関する研究』
代表:松原 聖 准教授
平成23年4月-平成24年3月 『創造的都市における産業クラスター形成と公共政策に関する国際比較研究』
代表:長谷川勉 准教授
平成22年4月-平成23年3月 『商品,資本,労働の国際移動:史的研究』
代表:竹内幸雄 教授
平成21年4月―平成23年3月 <横断的プロジェクト共同研究>
『公と私をめぐる企業・経済・社会の統合的研究』
代表:桜井 徹 教授
平成20年4月-平成22年3月 『中小企業金融の現状および今後の課題-東アジア諸国を視野に入れて』
代表:伊藤孝司 教授
平成20年4月-平成22年3月 『経済成長と環境政策』
代表:石橋春男 教授
平成19年4月-平成21年3月 <特定プロジェクト共同研究>
『日本市場における外資企業の戦略行動に関する比較分析』
代表:平澤克彦 教授
平成18年4月-平成20年3月 『グローバル状況下における流通・マーケティングの課題』
代表:東 徹 教授
平成17年4月-平成19年3月 <横断的プロジェクト共同研究>
『社会科学における「資本」概念とその現代的意義』
代表:宅和公志 教授
平成16年4月-平成18年3月 <特定プロジェクト共同研究>
『消費・情報の変容と新しいマーケティングの展開』
代表:樋口紀男 教授
平成16年4月-平成18年3月 『企業文化・経済システムの統合に関する研究』
代表:佐々木實雄 教授
平成15年4月-平成16年3月 『情報・消費モードの変容とマーケティングパラダイムの変遷』
-戦略的マーケティング情報の開発を目指して-
代表:樋口紀男 教授
平成14年4月-平成16年3月 『グローバリズム,リージョナリズムおよびグローバル・ガバナンス』
代表:安田武彦 助教授
平成13年4月-平成16年3月 『日本経済における雇用・利子および収益性の相互関連に関する研究』
代表:関谷喜三郎 教授
平成12年4月-平成14年3月 『ベンチャー企業に関する国内外の比較研究』
代表:嶋 正助 教授
平成12年4月-平成14年3月 『通貨危機後のアジア経済再生の条件と日本の対応』
代表:伊藤孝司 教授
平成10年4月-平成12年3月 『21世紀における商学研究の課題』
代表:宅和公志 教授
平成8年4月-平成11年3月 『グローバル時代における日本経済の発展条件の研究』
代表:小阪隆秀 教授
平成7年4月-平成10年3月 『規制緩和と日本経済(金融・流通を中心に)』
代表:伊藤孝司 教授
平成5年4月-平成8年3月 『国際化時代における地場産業・中小企業の変貌と展望』
代表:藤井光男 教授
平成4年4月-平成7年3月 『経済統合時代における日本の対応』
代表:福田雅一 教授
平成2年4月-平成5年3月 『労働力国際移動と中小企業経営』
代表:永山利和 教授
平成元年4月-平成4年3月 『東アジアの開発政策と多国籍企業に関する研究』
代表:真船洋之助 教授
昭和62年4月-平成2年3月 『中小企業の国際比較』
代表:中山金治 教授
昭和62年4月-平成元年3月 『金融の自由化,国際化に関する理論的,実証的研究』
代表:森 靜朗 教授
昭和56年9月-昭和62年3月 『第三世界の総合研究』
代表:江頭数馬 教授
昭和56年9月-昭和62年3月 『現代わが国企業経営の基本問題』
代表:真船洋之助 教授

このページのトップへ