現在位置
  1. 日本大学商学部ホーム
  2. 研究情報
  3. 情報科学研究所

情報科学研究所

   情報科学研究所は、昭和57年4月1日に商学部付属研究所として設置されました。
   当研究所は、自然科学分野を中心とする科学の著しい発達がもたらした社会の変革、すなわち情報化社会に対応するため、情報科学の研究、調査、分析を行い、コンピュータを中心とする情報処理技術の普及とともに、情報科学の発展に寄与し、ひいては本学の興隆を図ろうとするものです。このため当研究所は、情報科学に関連する学問の研究はもとより、学生を対象に、コンピュータリテラシー教育を中心とする各種講座を開設し、情報科学に関連する教育の一翼を担っています。

所長
教授 小島 智恵子
次長
教授 市田 陽児

紀要「情報科学研究」

   当研究所では、所管する共同研究の研究成果や、研究所の目的に寄与する論文等を、紀要「情報科学研究」として、年1回発刊していました。平成24年度以降は、商学研究所及び会計学研究所とともに、紀要「商学研究」を発行しています。
   紀要「商学研究」はこちらをご覧ください

表紙画像:紀要「情報科学研究」

実施/継続中のプロジェクトの主な研究テーマ

平成28年4月-平成30年3月 『ICTの活用と価値共創についての理論的,実証的研究』
代表:所 伸之 教授
平成26年4月-平成28年3月 『組織風土と企業経営からトリプル・ボトムラインを考える
  -組織風土と情報-』
代表:外島 裕 教授
平成25年4月-平成26年3月 『地域活性化と情報活用』
代表:根本忠明 教授
平成24年4月-平成25年3月 『アジアにおける「情報化」の再検討:次世代経済・社会を展望して』
代表:髙久保豊 教授
平成23年4月-平成24年3月 『Webラーニング導入の可能性についての研究』
代表:青木武典 准教授
平成21年4月-平成23年3月 『ベンチャー企業のグローバル化と情報マネジメント』
代表:高井 透 教授
平成20年4月-平成22年3月 『知識境界のマネジメントとITイノベーションに関する研究』
代表:児玉 充 教授
平成19年4月-平成21年3月 『個人情報保護とプライバシー』
代表:根本忠明 教授
平成18年4月-平成20年3月 『IT利用教育の効果と課題』
代表:青木武典 助教授
平成17年4月-平成19年3月 『企業グループ間競争と情報ネットワーク』
代表:市田陽児 助教授
平成17年4月-平成18年3月 『企業の個人情報保護について』
代表:佐藤公久 教授
平成15年4月-平成17年3月 『IT革命時代における戦略的情報ネットワークの進め方』
代表:根本忠明 教授
平成14年4月-平成16年3月 『地域情報ネットワークの構築とその応用に関する研究』
代表:外島 裕 教授
平成13年4月-平成15年3月 『日米におけるeビジネスモデルの比較研究』
  -競争優位のシステム構築を目指して-
代表:松本芳男 教授
平成12年4月-平成14年3月 『大学教育のコンピュータ化・マルチメディア化とその課題』
代表:佐藤 猛 教授
平成11年4月-平成13年3月 『ビジネスでのインターネット活用』
代表:根本忠明 教授
平成10年4月-平成12年3月 『情報技術ベースとするイノベーション・マネジメント・システムの研究』
代表:市村隆哉 教授
平成8年4月-平成11年3月 『国際分業における情報ネットワークの研究』
代表:市田陽児 助教授
平成8年4月-平成10年3月 『システム評価の方法論に関する研究』
代表:青木武典 助教授
平成5年4月-平成8年3月 『コンピュータ・ネットワーク・システムの構築と活用に関する研究』
代表:青木武典 助教授
平成5年4月-平成8年3月 『経営情報ネットワークの戦略的活用に関する研究』
代表:小阪隆秀 教授
平成2年4月-平成5年3月 『コンピュータをベースとするマネジメント・システムの研究』
代表:市村隆哉 教授
昭和62年4月-平成元年3月 『CAIと教育トータル・システムの研究』
代表:益子富子 教授
昭和59年4月-昭和62年3月 『EDP監査実施における諸問題の研究』
代表:井上久彌 教授

このページのトップへ